当店は、三軒茶屋にある「アフラック専門店」です。

【ご相談予約】0120-56-1772

コラム
       

もしかして五月病?~いま、考える自分のこと

 

なんだかやる気がでない…

よく聞かれる「5月病」という表現。これはどういう状況を指すのでしょうか?
簡単にまとめると、4月の新しいスタートで頑張り続けていた人たちが、ゴールデンウィーク明けに疲れや無気力が強くなってしまう事です。

日本では新年度は4月スタートがほとんど。入学・入社・異動・転勤など非常に環境の変化が激しく、緊張感やストレスにさらされることが多いのは当然ですよね。

「新しい生活・環境になじまなければ!」と4月中は頑張れるものの、ゴールデンウィークという長期休暇に入る事で、緊張の糸が切れて疲れが一気にでてしまうのです。
また、生活リズムが崩れてしまう事で、やる気がそがれたりしてしまう状態が現れてしまうとも言われています。

こういった状態をまとめて、いわゆる「5月病」という言葉を使用しています。
ゴールデンウイークが近づいてくるとよく耳にするワードですよね。
ただし、これは日本特有の名称です。

5月病とは医学的名称ではない

同じような状態は5月でなくても起こる可能性があります。

また、海外ではこの時期に長期休暇が設定されているわけではないので、5月病という言葉は使われませんが、クリスマス休暇などの長期休暇後にやはり具合が悪くなるという事はあるようです。言葉は日本独自ですが、似たような症状は世界共通なのかもしれません。

新聞やTVなどで毎年よく「5月病」という文字を目にしますが、5月病は医学的な正式な診断名ではありません。5月病は医学的には、「うつ病」や「適応障害」と診断されます。軽い場合はうつ状態、などと呼ばれることも多いようです。

また、うつ病の中でも新型うつ病・非定型うつ病といわれる、タイプの方や双極性障害の抑うつエピソードが絡んでいる方も見えますので、自己判断は禁物です。

誰でもかかる可能性がある

最近では、芸能人なども「うつ病」や「適応障害」を告白することが増えていますよね。そうです、誰でもなる可能性があります。私もあなたも。

かつては、新入生や新社会人などの、環境変化が大きい人がなると言われていましたが、何かしらの環境変化があった人は、老若男女関係なく誰でも「5月病」にかかる可能性があります。

例えば自分自身は異動していなくても、周囲の人間が変わってしまったことでストレスを溜めこんでいれば、それは5月病に繋がる可能性があります。

「うつ病」や「適応障害」は特別なことではない

5月病は、前述の通り、医学的には「うつ病」や「適応障害」の一つです。症状が軽いうちに、自分のSOSに気づいてあげてください。そして、適切な医療のサポートと、休息を取りましょう。

五月病だけでなく、身体的なもの、精神的なもの、生きていれば自分の思うようにならないことは、誰にでもあります。スピードの速い現代では、特に精神的なものの負担は多くなってきていると言われています。働く人の10人に1人は一か月以上の休職する経験があるというデータが出ています。特別なことではありません。

かといって、生活もあることで、すぐに休職を選択するわけにもいかないのが現状ですよね。でも、そういった、「無理な頑張り」が自らをさらに苦しめ、回復が遅くなってしまう場合も多いのです。

アフラックではそんな「まさか自分が」に対応できる「休職保険」を新たに発売いたしました。保険で収入の減少に備えることで、少しでも安心して休養できることが、心身を支えると考えられた保険です。

もちろんその保険を利用することがないことが一番ですが、保険があることで、不安要素を払拭し、日々の気持ちが軽くなることも大いにあるように考えています。




現代を生きるあなたを応援しています。
もし詳しく知りたい場合は、ぜひお尋ねください。

  • LINEで送る

ご連絡をお待ちしています。



連絡先:こちらからお問い合わせください。

Facebook

Mail Magazine

保険の選び方やお金のコツなどをメールでお届けしています。ご登録ください。

お名前
E-mail