当店は、三軒茶屋にある「アフラック専門店」です。

【ご相談予約】0120-56-1772

お客様の声
       

みんなどんな保険に入っているの?~三軒茶屋30代夫婦の場合

 

こんにちは。赤嶺です。

新緑が美しい時期に来ていますね。新しいスタートの季節、応援してゆきたいものです。

恒例のぶっちゃけ話を。

我々は保険の代理店です。もちろん、代理店収入というのは、ほぼ、保険料が高ければ高いほど、いただけます!
だから、ホントは高い保険を売ったら儲ります!売りたいです(笑)

でも、、、それをやっていたらお客様はいつか、いなくなるって思っています。
自分が仕事を嫌いになって苦しくなるって考えています。

我々は、当社の信条である「あなたにgoodな担当者へ、あなたにbestな提案を」、と毎日唱和しています(ウソみたいだけどこれホント)

そうです
「わが社は必要最低限のご提案をさせていただいております!」
ただ、、声高に吠えれば吠えるほど怪しいという切なさ(笑)

そこで、「じゃあ、それって具体的にどういうことなのよ」

ということで

今回はお客様のご理解を得て、当社はどんなご提案をしたか、リアルな情報をお伝えいたします。これから保険をお考えの方も、参考にしていただけたらうれしいです!

ご提案内容はコレだ!

三軒茶屋在住Aご夫婦様へのご提案

Aご夫婦の現状
夫 30代後半 会計士 自営業 年収800万
妻 30代前半 契約社員 年収200万 現在妊娠中
現在賃貸住宅にお住まい。 
住宅購入予定あり。そのため貯蓄に励むため保険は最低限で組みたい。

●保険を見直したきっかけ
奥様の妊娠により保険加入をお考えになる。お腹のお子様のためにもご自身に何かあった時の保険が必要とお考えになった。旦那様は保険には今まで未加入。

ネット比較で医療保険はアフラックが安く加入できそうだったことと、奥様が入院されたときのサポートが良かった(奥様は独身時代に当社で医療保険をご契約済み)ため、当社の店舗にご来店。

ご来店前に複数の保険を比較して提案してくれる窓口にて相談済み。いくつか商品をご提案されている。

●ご本人のご希望やご不安
①会社を辞めて独立したばかり。社会保障費は最低限で組んでいるため、年金は多くは見込めない。自分が死んだら奥様の収入だけだと、学費生活費などが心配。

②今後家を購入しようと考えているため、ローン返済なども何かあったとき不安。

③病気になった時、短期なら貯蓄でなんとかなりそうだが、長引くことにより仕事ができず、家族に迷惑がかかるのではないかと心配である。

④がんは2人に一人がなると聞いた。念願の子供の誕生にあたり、自分が病と闘うための資金も用意しなければと考えた。友人が先進医療を受けたが、保険で助かったと聞いた。がん保険にも医療保険にもつけてしっかり備えたい。

●当社からのご提案
①国の制度を考えた合理的な保険の持ち方を第一にご説明。
A様は自営業をスタートしたばかりで社会保障が不安とのことだったが、独立される前は会社員だったとお聞きし、今までの社会保険料から試算をさせていただく。

結果、遺族保障合計で約月10万円(一人子で子が18歳になるまで)受け取れることが判明。その上での、必要金額の試算をする。他代理店のご提案より大幅に必要額が下がり、保険もミニマムに。(他代理店ではその説明はなかったそう)

②住宅購入の際には、健康体であれば「団体信用保険」に加入できることをお伝えする。銀行ローンに付加する形で、当店でのご提案はできないが、安心していただける。

③働けなくなった時の保険に収入保障保険があることをお伝えする。ただ、負担が大きい場合は、医療保険をしっかりめに組むという形もあることをご提案する。

④確かにがんは恐れるものではなく、治療して生きる時代に入ったこと。そのためにはもちろん保険をしっかり組むのは安心であるが、負担が大きすぎても家計に響いてくることをお伝えする。
また、先進医療は、医療に付加したらがんに付加は不要である。全ての特約にいえることだが、皆がみな、特約を付加すればベストという問題でもないことをお伝えする。一人一人必要な保障や気になる不安に対してカスタマイズすることが大事であることをお伝え。

【ご提案後のご決定】
死亡保障を負担少なく組むことができた。他代理店で提案されたものと比較して、大きく金額が異なったため、そちらをご選択いただく。
医療、がんについては、オリジナルのカスタマイズした保険で大きく保険料を下げることができ、ご満足いただくことができ、ご加入いただく。

こんな感じです!

いかがでしょうか?


ウソ偽りなく「お客様の立場に立って、できることを」と考えて保険のご提案をさせていただいております。
一部、保険料比較において、死亡保障は他保険にご加入いただくことになりました。
フォローに強い自信がありますので、保険料の差もカバーできると思っています。が、やはり、その金額の差が大きければお客様にとっては負担が少ないものがベストであろう、と思うので強く当社の保険をおススメすることはありません。

「あなたにgoodな担当者へ、あなたにbestな提案を」

我々も、日々勉強し、努力してまいります。信じていただけたら嬉しいです!

ご相談、お待ちしております!

  • LINEで送る

ご連絡をお待ちしています。



連絡先:こちらからお問い合わせください。

Facebook

Mail Magazine

保険の選び方やお金のコツなどをメールでお届けしています。ご登録ください。

お名前
E-mail