当店は、三軒茶屋にある「アフラック専門店」です。

【ご相談予約】0120-56-1772

コラム
       

赤ちゃんが欲しい! と思ったときの保険のこと

 

ズバリ、今がタイミングです

赤ちゃんがそろそろ欲しいな、妊活始めようかな、と思ってらっしゃる方がお読みいただいているかと思います。

ずばり、保険屋として申し上げます。

不妊治療妊娠や出産を機に医療保険への加入考えるのであれば、可能な限り妊娠する前、そして出来れば不妊治療前の加入をご検討ください。

まずは妊娠出産の費用を確認しよう

まず、ご存じの方が多いようで少ない、妊娠出産における基本的な費用負担についてお話します。

「妊娠出産は病気ではないので、妊婦検診から出産まで、健康保険は適用外である」
ということはご存じでしょうか?
私は知った時はひっくり返りそうになりました。そうなの――?!って。

もちろん、それに代わりといっては何ですが、妊婦検診には国からの助成があり、自治体により異なりますが大きな補助があります。

また、出産に対しては、健康保険から「出産一時金」として42万円が支給されます。そして勤務先で社会保険に加入していれば「出産手当金」も受け取れます。トータル、通常出産であれば健康保険の3割負担に近しいような費用負担ともいえるでしょう。

ただし、そうとはいえ、入院を伴うことですので金額は多めです。
出産費用(正常分娩の場合)の平均額は50万5,759円と言われているので、そこから出産育児一時金の42万円を差し引くと、8万5,759円が自己負担額になります。

    ※公益社団法人国民健康保険中央会が調査より

一部の会社では産休中にも給与が支給される場合や、前述の出産手当金が受け取れる方もいるでしょう。それでも入院が長期化した場合の差額ベッド代・食事代や見舞いのための交通費などは自己負担です。健康保険が適用されて3割負担となっても、思いのほか出費が大きくなることもあるということを忘れてはいけません。

保険加入のベストタイミングとは

そんな点から、妊娠前に医療保険に加入して妊娠後のトラブルに備えようとする賢い方も多いのです。

ただし、ただしですよ!

妊娠中に加入した場合は帝王切開・異常妊娠の保障が一定期間対象外になるなど、保障に制限がかかる可能性があります。リスクが大きいから、その可能性がありそうだから、と加入する方を防ぎ、保険の健全化を守ることが保険の主ですから仕方ありません。

そして、不妊治療は病気の治療ではありませんが、生命保険会社は「不妊治療は病気の治療」として扱います。そのため、いざ不妊治療中に医療保険に加入しようと思っても、加入できないケースもあるのです。

そうです、赤ちゃん欲しいかも・・・と思った今こそ、ベストタイミングなのです。
もちろん、医療保険は、使っても構わない貯蓄がある場合は加入不要です。もし、そうでないなら、というか、これから新しい家族を迎えたい、という場合は貯蓄も何か目的あってのことかと思われます。




ぜひ、小さな負担で大きな安心の得られる医療保険もご検討ください。
お気軽にお声かけいただけたらと思います。
出産経験のあるスタッフも在籍しております。お役立てできましたら幸いです。

  • LINEで送る

ご連絡をお待ちしています。



連絡先:こちらからお問い合わせください。

Facebook

Mail Magazine

保険の選び方やお金のコツなどをメールでお届けしています。ご登録ください。

お名前
E-mail