当店は、三軒茶屋にある「アフラック専門店」です。

【ご相談予約】0120-56-1772

コラム
       

独身が損をしない保険の入り方

 

こちらをご覧になっているあなた、お若い方でいらっしゃるかと思います。
お若いのに保険についてチラリとでもお考えとはエライ! ホント、素晴らしいですね。

独身の時期は、将来のことよりも今が一番大事。そして誰もが、今の元気な自分がずっと続くように感じているのが普通の感覚かと思います。よって、保険なんて遠い話・・・と。

ただ、このコロナ禍の経験や昔よりも親世代の年齢が高く、身近に闘病や介護を経験する独身者も増えつつあり、「保険」について考えだした、という若い方も少なからずいらっしゃいます。

そんなお若い独身のあなたに、本当に損をしない保険とは何かをお話したいと思います。

損をしないとは

ズバリ、必要でない保険には入らない、ということです。今までは新入社員時代に、保険の営業レディが訪ねてきて、「このくらいの保険が必要ですよ」と言われてなんとなくパッケージされた保険に入る、というのが常だった時代がありました。

ただ、そのパッケージの保険、ご自身にあっている保険なのでしょうか?

現在独身であるあなたの未来は限りなく夢にあふれ、どのような生活設計なのかは現時点では計測できないかと思います。それでいいんです。まず、いまあなたが困らない保険を考えましょう。

独身者が必要とする保険とは

ここまで当たり前のことを話してますね。笑。もう少し具体的に必要か否かを確認してゆきましょう。

死亡保険は必要か?

あなたが亡くなって、資金的に困る方がいるでしょうか? もし、あなたに扶養家族がいるのであれば、ある程度の死亡保険は必要でしょう。
そうでない限りは、万一のときに「周りの人にかける迷惑」を最小限に止めるぐらいの準備で問題ありません。一般的に言えば、住居の処分にかかる費用や、お葬式代と言われるもの50万~200万くらいでしょうか。貯蓄で賄えるようであれば必要ありません。

医療保険をどう考えるか

実は若い世代に多いのは、交通事故やケガによる入院や死亡です。それだけでない理由で加入は検討した方がお得です。というのも、元気な世代だからこそ「安く加入」できて、「安心は長く」持てます。実は、40代に入ると、ぐっと健康診断の値が急激に悪くなってくることが多いと言われています。

そんな時、「ちょっと心配だからはいっておこうかな」と思ったときには入れないことが多いのです。コレ、脅しでもなんでもなくて、事実です。大したことない健康診断結果であっても、です。
もちろん、中にはゆるい診断基準の保険はもちろんありますが、そうなると当たり前ですが保険料はグッと高くなってしまいます。

そして、保険会社によっては三大疾病保険料免除特約、という特約を選択できることが多く、三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)で所定の状態になったときは、以後の保険料は不要、という安心感の高いものもあります。確率は低くとも、がんなどは若い方でもかかる病です。そして、がんは死に至る病ではなく、現在は治療して治す時代となっています。長期に渡る治療を、若いうちから備えて損はありません。

がん保険の考え方

医療保険と同様、親族にがんで闘病した経験がある方など「自分ももしかしたら・・・」と少しでも心配があるようでしたら若いうちのご加入をおススメします。
がんは治療して治す時代ですが、どうしても治療は長期化する可能性があります。
あれ?と思ったときには加入できないことも多くあります。
医療保険同様、三大疾病払い込み免除特約を付加することもできるため、大きな安心となるでしょう。

頑張るあなただからこそ休業保険

みなさんはご存じでしょうか。働く世代の10人に1人が一か月以上の休業の経験がある、というデータがあります※。
けがや、病だけでなく、現代のスピードの速い世界では、ぼんやりとし精神的な不調を訴えるかたも多くなりました。最近では、芸能人なども体調不良によりしばらく休養されるニュースを耳にしますよね。そうです、特別なことでもなんでもないのです。

    ※被用者保険加入者へのインターネット調査(2021年9月アフラック)

「自分は大丈夫」
そう思っている人ほど、上手に休養が取れず、不調は長期化しやすいと言われています。

ただ、すぐ不調だからといって休養、という考えにはなかなか行きませんよね。その間の収入減や、生活を考えると…頑張り屋さんこそ、無理しがちです。

そんな中、休職に収入減に備える保険も出てきました。もし、少しでも健やかな自分のお守りとして考えるのであれば、意味のある保険ですよね。

アフラックはあなたを応援しています

以上、自らのリアルな安心感につながる保険が、損しない=自分にプラスとなる保険の考え方だと思っています。
アフラックでも時代に合わせて皆様をサポートしようと、新たに「休職保険」が発売されたばかりです。医療保険、がん保険をリードしてきたアフラックが、さらに日本の若い世代にエールを送る保険です。




ご相談いつでも受け付けています。
LINE、インスタ、ホームページからもご相談可能です。ぜひご活用ください。

  • LINEで送る

ご連絡をお待ちしています。



連絡先:こちらからお問い合わせください。

Facebook

Mail Magazine

保険の選び方やお金のコツなどをメールでお届けしています。ご登録ください。

お名前
E-mail