当店は、三軒茶屋にある「アフラック専門店」です。

【ご相談予約】0120-56-1772

コラム
       

病気になったら保険って入れないの?

 

持病があっても入れる保険は存在する

がんの経験や、病気治療中であることで、保険加入をあきらめている方はいらっしゃらないでしょうか。
実は健康状態に不安があっても入れる保険は存在します。

少し前までは、「保険は健康に問題がない状態で加入するもの」というのが一般的でした。
しかし、持病や既往症(過去にかかったことがある病気)がある人こそ医療保障の必要性を感じるものですよね。

リアルな経験があるからこそ、備えておきたいと思うのは当然かと思います。

そんな方が、どんな加入方法があるかをお伝えしたいと思います。

健康状態に関係なく、入れる保険とは

持病や既往症がある人が保険に加入する手段として、何らかの条件付きの保険に加入するというものがあります。

割増保険料:通常よりも保険料が割増になる
特定部位不担保:契約時にあらかじめ指定した体の一部や特定の病気については保障の対象外となる(大抵は持病や既往症の対象箇所や、加入前に医師から勧められた入院や手術など)
保険金削除期間:一定期間のうちに所定の状態となった場合、給付金・保険金額が少なくなる

このように、保険金額が通常よりも高かったり、持病に関しては保障の対象外となったりといった条件付きであれば、持病や既往症を持っていても加入できる商品があります。言い換えてみれば、未来の予測できない病については、お支払いいたします、という形です。

持病や既往症があるからこそ

このように、「持病や既往症があるから医療保険には加入できない」と諦めなくても、限条件付きではあるものの、医療保険や死亡保険に加入することができます。

通常よりも保険料が割高、保障内容の制限がある点などのマイナス面があることも理解しておく必要がありますが、健康に不安を感じるからこそ、安心感を得たいと思うのは普通の感情ですよね。

病は気から、とも言います。
保険は安心を買う面も大きいと個人的には思っています。
持病や既往症のある方こそ、検討するメリットが大きいように思います。

通常の保険加入が可能なことも

また、ここは大きな見落とし部分なのですが、
持病や既往症があっても健康状態について❝より詳細な告知❞をすることで通常の保険に入れる場合があります。
保険会社によってその引き受け基準は異なりますので、まずは通常の保険に加入できるかを確認してみるとよいでしょう。

持病や既往症があって保険加入について心配な方はぜひ一度、ご相談にいらしてください。お役立てできることがあればうれしく思っております。

  • LINEで送る

ご連絡をお待ちしています。



連絡先:こちらからお問い合わせください。

Facebook

Mail Magazine

保険の選び方やお金のコツなどをメールでお届けしています。ご登録ください。

お名前
E-mail